あまり詳しくは知らないが、
最近、何かと公的年金が騒がしい。
何かにつけ、バッシングされる。
友人が有名な(?)社会保険庁のコールセンターで働いているが、
気の毒だ。
でも、年金受給者には切実な問題なのだろう。
公的年金にかかわらず、
企業年金もあまり当てにできないそうだ。
もらえるはずの金額
がもらえないこともあるらしい。
年金を当てにしていたのに、
それが減額されたり、受け取れないというのは
どういう気持ちなのだろう。
やはりこの騒動を見るにつけ、
頼るべきは自分のビジネスの実力だということだ。
いざというとき、
国は当てになるか、会社は当てになるか。
若いうちにビジネスクリエーターとなり、
たとえ何を失っても、
自分ひとりで生きていくことができるようになる。
そのお手伝いを
立教ビジネスクリエーター塾は、させて頂きたい。
☆「ビジネスクリエーターになりたい!」という方はこちら
次は村上君です。
お楽しみに♪