『深夜快速の旅?マレーシア篇』  Chapter7
二日目、日が昇った。
まだ午前7時。日本にいたときには、想像もできないほどの早さだ。
殺風景な部屋からリュックサックを担いで、チェックアウトをしった。
一段ずつ、肩の重力を抱えながら階段を降りてゆく。
もう泊まることのないこの宿を背に。
とても清清しい朝だった。
昨晩の喧騒が嘘のように中華街は静かだった。
数件の店では、人々がシャッターを空け始めていた。
朝食の前に、近くの建物を覗いてみようと思った。
2分も歩くと中国寺院の関帝廟が目に入った。
木組みの風鈴のような装飾が吊られた門をくぐると、こじんまりとした広場が出現した。

20070215-DSCN2363.JPG

早朝にも関わらず熱心な人々が線香を炊いていた。
関帝とは三国志演義に登場する武将、関羽雲長の事で、
商売の神として世界中の華僑に祀られている。
KLの中華街の守り神のような存在なのだろう。
人々の真似をして、手を合わせておいた。

20070215-DSCN2360.JPG

煙をかぶって外へでると、目の前にはヒンズー寺院が構えていた。
スリ・マハ・マリアマン寺院といって、マレーシア最大のヒンズー寺院だ。
見ると、門の下に靴が大量に並んでいた。
前人に習って、私も靴を脱いで裸足で中へ入っていった。これは絶対だ。

20070215-DSCN2364.JPG

中央には豪奢な大きな建物が広がっていて、脇には小さな祠がいくつか並んでいた。
人々は周囲の祠と中央の建物を周回し、一通りの作法が終わると
床に座って仲間と世間話をするようだった。
面白かったのは、
数人の女性を侍らせて、輪の真ん中で男が一人楽しそうにしているグループがあった事だ。
恨めしくも羨ましくもなく、その男の無邪気そうな顔を見ていると、とても微笑ましかった。

20070215-DSCN2366.JPG

寺院を出ると、腹が空いてきた。
朝食を摂ろうと思い店を探してみると、香辛料の匂いにぶつかった。
わずか4坪もなさそうな店で、チャイらしき飲み物をすすりながら3人のインド人が談笑していた。
店の主人は30才くらいの若者で、感じのよさそうな男だった。
タンドリーチキンの旨そうな匂いにつられて近寄った私に
一尾を見せて、買わないかと誘ってきた。
彼の紳士的な笑顔につられて、二つも買ってしまった。
見た目ほどは辛くはないが、旨みのスパイスが効いていて美味しかった。
公衆電話からマレーシア航空のリコンファームを終えた。
セブンイレブンで飲み物を補充し、まずは、KLの街を散策してみることにした。
気を満たして腹を満たすと心地よく、今日から俺は、そんな気分になった。