『深夜快速の旅?マレーシア篇』  Chapter6
階段を降りると、辺りは夜になっていた。
路面店が放つ白光と、屋台にともる灯りが、道の袖を明らめていた。
チャイナタウンはにぎやかだった。どの店もテーブルをせり出して、
炒めた野菜、鶏肉や豚肉を焼いたもの、堅焼きのベーコン等を並べていた。
10分もあれば一周できるほどの外周で、縦横に中央を貫通する通りは、
新宿駅のJR?京王線の連絡通路ぐらい込み合っていた。
物販のラインナップは、明らかな偽ブランドが主流で、
ロレックスのTシャツや、ダンヒルの靴など、めちゃくちゃだった。
目が会うとにこやかに肩を撫でてくる若者に、若干の猜疑心を感じながら、
あたり徘徊してみた。マレーシアに来て初めて、写真を撮ってみた。

20070206-DSCN2356.JPG

一通り冷やかすと、食事を探した。
どれも美味しそうで、値段も安いようだ。
タピオカ入りのアイスミルクを5RMで買い、ストローを吸いながら歩いてると、
薄く湯気が立ち上がっている蒸し器を見つけた。
それは、ちまきらしきもので、大きくごろごろとしていた。
米を食べたい衝動に駆られた私は、それを買うことにした。
1個3RMのちまきを2個買うから5rmに負けて、と売り婆に言うと、
すんなり「OK」という返事が返ってきた。オーケーと発音したわけではないが、
顔を縦に振っていたので、そういうサインだと受取った。
10RM紙幣を取り出してにこやかに支払うと、にこやかに4RMが返ってきた。
ごくごくささやかな、洗礼だった。
宿に帰ってこいつを頬張る事に決めた。
何か飲み物を買っておきたいと思い、コンビに行ってみることにした。
チャイナタウンの界隈には4件ほどのコンビ二があり、その全てがセブンイレブンだった。
だからといって、当たり前だが念のため、新生銀行の引き出し等できるはずもなく、
真っ先に冷ケースの前に向かった。
ハチミツ入りの緑茶が人気のようで、どの飲料メーカーもその味を置いている。
どうやら、マレーシアの人々は甘党のようだ。
その甘茶を買って宿に戻り、飯をくるんだ葉を広げてちまきにかぶりついた。
一口たべてみると、意外にに旨くない。
米には味があまりついておらず、米の間に挟まる具も、
案の上ハーモニーなど奏でなかった。
おかげさまで、マレーシアの食の第一印象は悪かった。
何とか二つのチマキを平らげて、横になり、
地球の歩き方を広げながら、明日の旅程などを考えてみた。
腹を満たすと眠くなってきて、
いつの間にか、静かに寝入った。
そんなマレーの初夜だった。

20070206-DSCN2359.JPG