こんにちは、大岡です。

さて、今回は読書量に関してのお話です。

いきなりですが、みなさんは月に何冊くらい本を読みますか?

一日一冊などという強者もいれば、ほとんど本は読まないなど様々な方がいるかと思います。

私もなるべく多くの本を読もうと意識をし、特に元旦には張り切って、
年間100冊読むぞ、など目標を立てるものの、目標の読書量に達したことはありません。

困りました、、

本を読む事は重要なのか?などいろいろ意見があると思いますが、
今回は読書量に関して面白いデータを見付けたので紹介していきます。

リサーチバンクさんのデータによると、読書量は以下。
月に1冊近辺の人が多いようですね。

全体
1日に1冊以上     2.1%
週に2~3冊程度   9.1%
週に1冊程度      14.8%
2~3週間に1冊程度   13.6%
1ヶ月に1冊程度          16.3%
2~3ヶ月に1冊程度   11.8%
半年に1冊程度            9.3%
1年に1冊程度              6.0%
それ以下                      9.8%
本を読むことはない 7.3%

データ:リサーチバンクより

http://research.lifemedia.jp/2010/10/101027_reading.html

月に数冊ペースというのは、私自身の経験からも非常に共感出来る結果です。

しかし、この読書量は世界的に見てどのような立ち位置なのでしょうか?

PR Newsrwieによると、

日本人の一週間あたりの読書にかける平均時間は、4.1時間、世界で30位

(ちなみに1位はインド、10.7時間)

どうでしょうか?
二倍以上の差を付けられています。

世界に追いつけ、追い越せ、読書時間のみが重要な訳ではありませんが、
もう少し時間をかけても良さそうです。

読書をするメリットは人によって違うと思いますが、

・自分の境界線を広げる事が出来る。
・本を通じて著者と対話出来る。
・偉人の失敗を本を通して学ぶ事が出来る。

私はこんなことを読書のメリットだと考えて、なるべく多くの本に出会えるように
日々意識しています。

年末にまとまった時間を取れる方、
心を落ち着けて、素敵な本に時間を傾けて過ごすのもいいかもしれません。

最後に、読書に関する偉人の言葉を紹介します。

良き書物を読むことは、過去の最も優れた人達と会話をかわすようなものである
デカルト(フランスの哲学者・数学者)

本をよく読むことで自分を成長させていきなさい。
本は著者がとても苦労して身につけたことを、たやすく手に入れさせてくれるのだ。
ソクラテス(古代ギリシャの哲学者)

本日はここまで。またお会いしましょう。

ビジネスクリエーターズへの会員登録は、こちらから。