こんにちは。八須です。
今日は、ニューヨークではじまったサービスのご紹介。

ニューヨークのセブンイレブンに「鍵の物理的情報を保持する」マシンが登場、鍵の紛失対策向け

米マンハッタンのスタートアップ企業「KeyMe」が、セブンイレブンに「鍵の複製マシン」を設置した。このマシンはただ鍵を複製するだけでなく、あらかじめ鍵の情報を登録しておくことで、オリジナルの鍵が無くとも必要なときに鍵を生成できるという

これ便利ですよね。車や家の鍵を失くしたり閉じ込めてしまったときって、今では業者を呼ぶしかないと思うんですが、このサービスが普及したら、あらかじめ登録しておくだけでいざというときも安心なわけです。これ世界中で流行るんじゃないでしょうか。

ビジネスの芽ってどんなところに転がっているかわからないものですね。
明日は阪倉さんです。