こんばんは、樋口です。

改めて気付いた、当たり前のハナシ。
「怒られたり注意されたりした日は、劇的な成長がある。」

これは意外とホントの話です。

そういう意味を込めて、注意するとき・されるとき、アドバイスをするとき・されるときに、

最近特に意識していることがある。

 

それは、「いつを観ているのか」ということ。

 

火消しのためにその場凌ぎのアドバイスをするのか、

イライラの矛先をただ向けるだけなのか(これは最低)、

そして、1年・3年先のその人のありかたを観て言っているのか。

 

相手のことを深く知れば知るほど、

双方向のコミュニケーションのレベルが深ければ深いほど、

そしてお互いをレスペクトしていればしているほど、

やり取りが濃厚かつ味わい深いものになってくる。

 

以前も感じたことですが、

だからこそ、もしもイラっとしたとすれば、

それは自分の人生の経験値が足りていないということになる。

そういった自分の現在地を確認させていただけるというだけでも

感謝が湧き上がってくる。

 

・・・初動でイラっとしている時点で、未熟露呈してるんですけどねw

 

後輩に対しても同様。

たとえ嫌われようとも、本当に伝えたいことを伝える。

周りから何を言われようが、本当に大切なことを伝える。

 

直球がよいか変化球がよいかは、その人との相性もあり。

相手をどれだけ知り、感じられるかどうか。

神経研ぎ澄まして、その場の空気を読みつつ、

更に将来まで見据えて瞬間的に判断していく。

 

そんな無意識にやっていることを、一回意識に落としてみると、
更にパワーアップできるはず。この繰り返し繰り返し。

果てしない修行です。だからこそ、面白い。

 


ビジネスクリエーターズ
への会員登録は、こちらから。

明日は、八須さんです。