みなさん、こんにちは。

スタッフの阪倉です。

元野球少年で、野球観戦好きです。

セ・パ交流戦(セ・パこうりゅうせん)は、
日本野球機構(NPB)のセントラル・リーグとパシフィック・リーグとの間で行われるインターリーグです。

5月14日からこの交流戦が始まりました!!

気温もですが、試合も熱い熱すぎる!!

私はセリーグの阪神ファンですが、
交流戦だとなんとパリーグの選手も見れるのです。

しかも、パ・リーグの球団が主催するときにのみDH制が採用!

これはどういうことかと言うと、
普段セリーグではピッチャーが打順9番で打つのがふつうです。

ピッチャーは打つのは専門外なので、
アウトになるのが普通で打線もそこで繋がりがきれてしまうことが良くあります。

しかし、DH制はピッチャーの替わりに他のバッターが打順に入れるので
打線が協力になるのです!

まさに打ち合い!!!

日本ではかねてからパ・リーグ側が交流戦の実施を提案し続けながらも、
多額のテレビ放映権収入を見込めていた巨人戦の試合数が減少するとして、
セ・リーグ側がそれを拒否するという状況が続いていました。

その後、2004年プロ野球再編問題をきっかけにセ・リーグの一部球団が歩み寄りを見せ、
翌2005年度からホーム・アンド・アウェー各3試合ずつの6回総当りで開催されることと
なったのです。

とても楽しい交流戦。
ぜひ野球を見に行きましょう!

新規会員登録は今すぐこちらから

明日は中島さんです。