こんにちは、スタッフの大久保です。

先日、中国の四川で大地震が起きました。

このことに対しての反応は人によって異なるでしょう。

関心を示さない人。
関心は示すが、特に自発的に何か行動しようとしない人。
自分に出来ることは何か、自発的に行動する人。

申し訳ないことに、以前の私は「関心を示さない人」の分類に入っていて、
大地震がおきたときの大変さについては、はっきり言ってよくわかりませんでした。

ところが、おととしの東日本大震災を経験してから、
わずかばかりでも、大地震の被害にあわれた方の気持ちというものが
分かるようになりました。

「他人の痛みを自分の痛みのように感じられること」

どれだけ強く痛みを感じるかによって行動が変わってきます。

4月27日のビジネスクリエーターズLiveにはユーグレナの出雲さんをお呼びするのですが、
出雲さんは、まさに他人の痛みを自分の痛みのように感じることが、ビジネスの原点になりました。

バングラデシュでの栄養不足を目の当たりにし、
「ドラゴンボールの仙豆(せんず)のようなものはないか」
を友人知人に聞いた結果、ユーグレナ(和名:ミドリムシ)を知り、
そこからビジネスが始まりました。

先日、出雲さんのお話を伺う機会があったのですが、
この「他人の痛みを自分の痛みのように感じたこと」を受けて
ビジネスに邁進する姿勢が個人的には興味深かったです。

4月Liveは席がございますので、こちらから詳細を御覧ください。

ご案内の詳細はこちらを御覧ください。

 

ビジネスクリエーターズへの会員登録はこちらから。

明日は野村君です。