こんにちは。のむらです。

タクシーに乗ることがありますが、
まぁ、だいたいにして、
・土地勘の無い場所に出掛けている(or出掛ける)
・急いでいる
という場合に乗っているので、

そうすると、私にとってのタクシーの価値は、

・目的地まで最も早く到着すること

だったりします。

とはいえ、行き先を伝えると、

「どういうルートで行きましょうか?」

という質問返しになることが多いですね。

というわけで、そんな時には、
スマートフォンでGoogle Mapを起動するわけですね。

かつて、ちょっと歩く距離の時にGoogle Mapを使ったら、
表参道ヒルズの正面入口から入って、裏口から出てくるルート
というのをGoogle Mapが大真面目に提示してきました。
(実際に、最短ルートでした。。笑)

たまに、タクシードライバーからの質問返しに対して、
「あまり土地勘が無いのですが。。。」
という時もあるのですが、
そうすると、
「ナビに住所入れますね」
というケースもあります。

で、ただ待ってるのもアレなので、
Google Mapで経路検索したりもするのですが、
これが、けっこうな確率でGoogle Mapが勝利するというパターンが多いですね。

早さ、正確さ、最短距離であるルートを出すこと、
道路の混雑状況を出すこと。

基本的にタクシーのナビはボロ負けです。

先日は、Google Mapの結果を説明して、
「分かりました。あそこですね。」
と、
分かった感満載のドライバーさんもいたのですが、
蓋を開けてみたら、後半、2本道を行き過ぎて遠回りになりました。。。
(残念ながら、ドライバーさんの経験もGoogle先生に負けました。。)

さらに、
Google Mapを見ながら乗車していると、
「あー、次の信号のあたりから少し混んでますよ」
というのも分かりまして、
実際、その通りだったりすると、ドライバーさんもビックリです。

他に、Google Mapの何が良いかというと、
そもそもキーワード検索ができるので、
住所を全部打ち込まなくても良い場合もあります。

というわけで、
私にとっては、かなり重要なサービスですね。
(そして、タクシーに乗るたびにやっぱりGoogle Mapを起動し続けることでしょう。笑)

役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

明日はひらたくんです。

友だち追加数