こんにちは、こさかです。

ビジネスクリエーターズLive、いよいよ今週末開催です!
まだの方は、是非お申し込みを♪

さて、資料作成きほんの「き」、第3弾です。

前回は余白についてのお話をお届けしました。

余白は、
①全体をすっきり見せる
②テキストや画像などの要素をグルーピングし、関係性を明確にさせる
というふたつの役割があります。

そして今日お話する「揃え」も、
洗練された資料をつくる上ではとても大切なポイントです!

●テキストや画像をスライドに配置したら、
必ず「端がそろっているか」を注意してみてください。

このブログの文章も、左端がそろっていますよね。
揃えがしっかりしていると、それだけで整理整頓されているように見えるんです。

まずは左揃え、そして上揃えを徹底すること!

●そして…突然ですが、
テキストは「中央揃え」にしていますか?

「中央揃え」、いいですよね。
目立ちますし、重要っぽく見せるのにうってつけ。

…なんだか雑なフリになっちゃいましたけど、
テキストを「中央揃え」にするのは避けましょう。

先程申し上げた通り、
テキストは端がそろっていると整頓されて見えます。

「中央揃え」だと行の始まりがバラバラになりますから、
段落や文章を認識しづらくなってしまいます…。

●テキストは、まず基本の「左揃え」に統一し、
資料の表紙のような「1ページに1つの文章のみ」である場合には、
「中央揃え」を使ってみてください。

揃えを統一し、余白を使って要素をグループ化する。
それだけで、資料はかなり整頓されて見えますよ!

今回は以上です。
第4弾は「太字とジャンプ率」のお話をお届けします!
次回も是非ご覧ください。

役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

明日はなかしーさんです。

友だち追加数